羊毛フェルトをカルチャースクールで教える方法

MENU

羊毛フェルトを教える

趣味が高じてその道に挑戦したくなるのは素晴らしいことです。それには発想力や責任感が求められますが、一から立ち上げてもしそれが形になっていけばかなりの達成感が待っています。羊毛フェルトにしても、どんなに有名なプロの方でも初めは素人でしたから、好きならとことん打ち込んでみるのも人生です。

 

その一つにカルチャースクールが挙げられます。有料ですが低価格で、料理や手芸の基礎を学ぶために様々な教室が開かれています。と同時に、講師募集の案内を見かけることもあります。自分が熱中する趣味について人に教えるのは素敵な体験です。ここではカルチャースクールで教えるための手順などを調べてみましょう。

 

カルチャースクールとは?

地元の自治体や市のサービスの一環で、趣味や芸術を教えるために開かれる教室です。大抵は有料ですが、一般のスクールや塾のように高額なものではなく、市民へのサービスの一環として低額で準備されているものがほとんどです。そこで教えるためには講師として申し込む必要がありますが、場所や募集する団体次第ではあるもののそれほどハードルは高くありません。中には20歳以上であれば可としているところもあります。

 

そんな参加資格のものも見られるカルチャースクールの講師ですが、いずれにしても自分がどこまで羊毛フェルトを作れるかを証明する必要はあるでしょう。何かの団体や資格を発行する民間の協会などでライセンスを取得すれば、国家資格ではないものの目に見えて説明することが出来ます。または何かの賞を獲得しているなら、それの賞状でも有効かもしれません。何もなくても自分の作品を持って行って説明することも出来ます。

 

教えるために

いずれにしても正式な申し込みの手順を踏めば講師になることが出来ますが、大切なのは情熱です。もしスクールが始まれば生徒が授業に来るわけですが、教えるにあたって熱意をもって自分の感動を伝えること、はきはきした話し方で理論的に説明する、資格があったとしても謙虚な態度で接するなどが大切です。

 

そこに来る人やその場所を提供してくれている人たちも、講師の素晴らしい作品も重要とはいえその人柄に注目することになります。ですので熱意と熱意をコントロールする理性をもって、何より自分がまず羊毛フェルトの一番のファンであることを伝えていきましょう。

 

まとめ

もし機会が許すなら、教えるということにも恐れずに挑戦してみましょう。

 

そこでは刺激となる思いがけない出会いが待っているかもしれません。

関連ページ

ニードルフェルトデザイナーになるには
もう既に大半の知識を持っておられる方なら、挑戦する価値のある資格です。ニードルフェルトデザイナーになって、趣味の羊毛フェルトをより大きなものへ変化させられるかもしれません。
羊毛フェルト資格を取るには
無限の可能性を秘める羊毛フェルト。作っていくうちに自分の技術の向上が感じられるのも羊毛フェルトならではの魅力です。作った作品が柔らかなオーラを放ち、多少思い通りにならなくてもそれも味として表現できてしまうのも羊毛フェルトです。
羊毛フェルトとは
皆さんが羊毛フェルトをご存知でしょうか。普通のフェルトなら小学校の家庭科の裁縫の授業で経験なさった方も多いと思います。でも羊毛フェルトは全くの別物といえます。羊毛フェルトとはその名の通り羊毛を使った手芸の一つです。
羊毛フェルトで稼げる平均金額
h2>作品を売ってみよう! 羊毛フェルトを続けるうちに技術が向上し、周りの人にも高評価をもらえるかもしれません。そうなればうれしいものですが、実際自分のハンドメイドの作品を売るとなると幾らぐらい稼げるのでしょうか?