羊毛フェルト資格講座おすすめ・ランキングガイド

MENU

ニードルフェルト上達のための基礎知識

ニードルフェルトとは

フェルトの生地をニードルと呼ばれる針を使ってチクチク刺していき、フェルトの繊維を意図的に崩して、マスコット等の形を作り出す技術のことを言います。

 

女性を中心に人気

手芸用品の中では必要な道具が少なく済むため、初心者でも簡単に始められるのも人気の理由です。

 

ニードルフェルトの基礎知識や技術

通信講座を受講してスムーズに技量アップを図る方もいます。

 

 

 

女性を中心に人気があるニードルフェルトを使ったハンドメイドをご存知でしょうか?ニードルフェルトとは、フェルトの生地をニードルと呼ばれる針を使ってチクチク刺していき、フェルトの繊維を意図的に崩して、マスコット等の形を作り出す技術のことを言います。

 

ニードルフェルトは、手芸のジャンルの一つになり、フェルトを自由な形に形成することができるので、球体を作ることもできます。このような特徴からフェルトだけで作る、ぬいぐるみや、マスコットを作るのに適しているため、ニードルフェルトのマスコットづくりは世界的に有名です。

 

そして、近年では日本でも人気が高まっているためブームになっています。手芸用品の中では必要な道具が少なく済むため、初心者でも簡単に始められるのも人気の理由です。

 

道具や材料の入手の方法は簡単で、100円ショップでも手軽に入手できます。作るためのキットのようなものが販売されているので、子どもたちからお年寄りに至るまで気軽に作ることができます。ニードルフェルトの技量アップが図られてゆくと、自分のイメージに合わせて、雑貨やアクセサリーだけでなく、自分が飼っているペットに似た動物を作ったりすることもできるようになります。

 

では、ニードルフェルト上達するためにどうすれば良いのでしょうか?上達して美しい仕上がりにするのは簡単ではありませんが、ニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作っていくので、どんなタイプの羊毛を用いたら良いか、何回位ニードルで刺せば良いのかなど、美しい仕上がりにするためには細かい部分まで考えて作業をすることによって上達します。

 

実際の動物そっくりに仕上げていくために、また、自分の作った作品をお店に売られているような商品のレベルまで高めていくためには、技量アップが必要になってきます。

 

ある程度のレベルまで美しい仕上がりにしてゆくためには、独学では限界があるのかもしれません。そこで、ある人たちは、思い切って教室に通って技術を身につけます。ニードルフェルト資格などの資格を持っている先生に作り方を教えてもらえるなら、短期間での技量アップを目指すことができるでしょう。

 

通信講座を受講してスムーズに技量アップを図る方もいます。ニードルフェルトの基礎知識や技術を証明してくれる資格も取得できるので、自分の手作り作品を販売することもできるほど上達するのです。

 

上手に羊毛フェルトをデザインするには?

上手に羊毛フェルトをデザイン

羊毛フェルトで作ったシンプルな球体を作ってみます。その球体を幾つか作り、それを使用してアクセサリーやインテリアなどオリジナルで色々使えます。

 

リアルなニードルフェルトを作成する時の基本

リアルなニードルフェルトを作成する時に基本となるのが、体の芯づくりになります。

 

オリジナルの羊毛フェルト

自分なりにも試行錯誤を繰り返しながらオリジナルの羊毛フェルトを作っていく必要があるのです。

 

 

羊毛フェルトの作成が上達してくると、作成図などがなくてもオリジナルで好きな形に仕上げることができるようになります。

 

では、上手に羊毛フェルトをデザインするには、どうしたら良いのでしょうか?簡単な方法としてまずは、羊毛フェルトで作ったシンプルな球体を作ってみます。その球体を幾つか作り、それを使用してアクセサリーやインテリアなどオリジナルで色々使えます。

 

2種類のカラーの球体を作ってそれを繋げていくと、柔らかいイメージのあるネックレスになります。その他にも、色んなカラーの球体を作って繋げていくと可愛らしい、鍋敷きにもなります。

 

他の方法として、100円ショップのキットをもとにして上手に羊毛フェルトのオリジナルを作ることができます。例えば、100円ショップの犬用キットを買ったとします。その指示通りの犬に作ることもできますが、オリジナルで自分の好きな動物や、自分が飼っているペットの顔立ちに似せてアレンジすることもできるでしょう。

 

また、リアルなニードルフェルトを作成する時に基本となるのが、体の芯づくりになります。仕上がりの良い実物の動物に似たハンドメイド品、いわゆる「リアル系」をデザインして作成するには、高い技術が求められます。

 

リアル系は、他にも作り方があるかもしれませんが作りたい動物の資料を、集められるなら骨格の資料も集めて、参考にすることもできるでしょう。

 

さらに、植毛が必要になる動物の場合にはその動物に近い毛色や毛質の羊毛を入手する必要があります。それからインターネットで作り方が載せられているサイトを探して、作成していくのです。

 

サイトを見たとしても分からないことがあるので、自分なりにも試行錯誤を繰り返しながらオリジナルの羊毛フェルトを作っていく必要があるのです。

 

そうやって、上手に羊毛フェルトをデザインすることができます。このように作った、オリジナルのアレンジした羊毛フェルト作品を心のこもったプレゼントとして送るのも喜ばれます。

 

初心者脱却に必要なテクニックまとめ

ニードルフェルトは、フェルトを自由な形に形成することができるので、球体を作ることもでき、初心者脱却して慣れてくると、作成図などがなくてもオリジナルで好きな形に仕上げて作品を作ることができます。

 

ペットを飼っている人は、ペットの抜け毛で作ってみたり幅広く楽しむこともできるのです。初心者脱却に必要な、ニードルフェルトをきれいに作れる技を身につけるテクニックの方法としてまず、毛羽たちを抑えられるかがポイントになります。大抵、ニードルフェルトを作っていると表面がぼさぼさとなってしまうことがあります。

 

ニードルフェルトは、ニードルという針を使用してチクチク刺して固めながら形を作っていくのですが、ぼさぼさになっている原因は、まだ刺したらない状態ということなのです。

 

ですから、ポイントとして表面の場合、深く刺すのではなく、浅くそして細かく刺していきます。指に注意しながら、毛羽立っている個所を指の腹の部分で寝かせながら刺してみます。

 

そのように、時間をかけて細かく刺していけば毛羽立ちは収まっていきます。リアルなニードルフェルトを綺麗な形で仕上げていくのは、このように技術が求められるのです。

 

リアルなニードルフェルトを作成する時に基本となるのが、体の芯づくりになります。骨格の資料を入手するなどをして、参考にすることもできます。顔も丸い球体から始まるので、羊毛をしっかりと固めに丸く球の形にしていきます。ぼさぼさなマルに顏をつけると表情が怖くなって可愛く仕上げることができません。

 

綺麗なマルを作れるようになるなら、可愛いらしい動物に仕上げることができるのです。鼻の部分は、後からつけるため片方はふわふわの状態で、片方はしっかり固く刺すようにしていきます。それから、丸い球体の顔に鼻の部分を付けていき、目の部分は、プラスチックアイを利用するのです。

 

独学でニードルフェルトをマスターするには、かなりの時間・努力が必要になりますから、初心者脱却に必要なテクニックを習得するには、通信講座などを利用して、ニードルフェルトをマスターすることが近道と言えるでしょう。

 

ハンドメイドの中でも羊毛フェルトが人気の理由

ハンドメイドの中でも羊毛フェルトが人気です。羊毛フェルトとは、ふわふわの羊毛を専用のニードルを使用してチクチクと刺していくことによって形を作り、マスコットやアクセサリーなどを作り出すことを言います。

 

羊毛フェルトがなぜ人気なのでしょうか?その理由の1つは、羊毛フェルトは家族や友人にプレゼントするととても喜ばれることです。羊毛フェルトで可愛らしいマスコットやゆるキャラ等なんでも自分で作ることができます。

 

ですから、自分の飼っているペットを作ったり、子どもが好きなアニメのキャラクターを作ったり、可愛い小物や、自分の好きな花を作ることもできます。そして、羊毛フェルトを手作りするならば、最短でも1〜2時間はかかりますし、凝った羊毛フェルトとなると、3〜4か月位かかります。このように手の込んだ心のこもった作品は、見た目以上に価値があるものです。

 

他の理由として、羊毛フェルトは100円ショップなどでもキットが販売されるようになり、手軽に誰でも始められるようになったことも理由に挙げられるでしょう。そして、自分が作った羊毛フェルトを部屋に飾って自分の好きなインテリアを楽しむことができるのです。

 

また別の理由として、羊毛フェルトをインターネットから販売して、お小遣い稼ぎができることです。作品内容によって値段は変わってきますが、3,000円〜10,000円位で取引されています。中には、150,000円位で出品されているものもあります。

 

例えば、「ヤフオク!」などで売れ筋情報を確認することができますが、ブローチなどの小物も、仕上がりのよいものならば、高い値段で出品されています。例えば、仕上がりのよい、ハンドメイドのかわいらしい無邪気な顔の猫のブローチは、開始価格は500円というものでしたが、41件もの入札がなされた結果、3,200円で落札されました。入札の人数が多いものを見て行くと、傾向として、実物の動物に似た、仕上がりのよいハンドメイド品が人気があるようです。

 

このように、自分が作った羊毛フェルトが売れる可能性があるということなのです。

 

羊毛フェルトは家族や友人にプレゼントするととても喜ばれることです。羊毛フェルトで可愛らしいマスコットやゆるキャラ等なんでも自分で作ることができます。

要点を紹介するキャラクター

 

器用さが生かせるハンドメイド系資格ランキング

器用さが生かせるハンドメイド系の資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

ニードルフェルトデザイナーの特徴

第1位は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する、「ニードルフェルトデザイナー」の資格です。「ニードルフェルトデザイナー」は、ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具など、ニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定される資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ニードルフェルトデザイナーの総評
  • ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方
  • ニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定される資格
  • この資格を取得するのにオススメなのが、「諒設計アーキテクトラーニング」の「ニードルフェルトデザイナーW資格取得講座」
公式サイトへ

 

画像名を入力

羊毛フェルトアドバイザーの特徴

第2位は、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する、「羊毛フェルトアドバイザー」の資格です。

「羊毛フェルトアドバイザー」は、ニードルフェルトに必要な基礎知識が一定のレベルにあることや、各種ニードルフェルトのレシピや製作知識を習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格になります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
羊毛フェルトアドバイザーの総評
  • ニードルフェルトに必要な基礎知識
  • 各種ニードルフェルトのレシピや製作知識を習得し、適切にアドバイスできること
  • この資格を取得するのにオススメなのが、通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン
公式サイトへ
第1位:ニードルフェルトデザイナー

第1位は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する、「ニードルフェルトデザイナー」です。

 

「ニードルフェルトデザイナー」は、ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具など、ニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定される資格です。

 

この資格を取得するのにオススメなのが、「諒設計アーキテクトラーニング」の「ニードルフェルトデザイナーW資格取得講座」です。「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれました。

 

自宅でニードルフェルトデザイナー資格だけでなく羊毛フェルトアドバイザー資格も簡単に取得することが可能となっています。また、「諒設計アーキテクトラーニング」の「スペシャル講座」はニードルフェルトデザイナーを主催する日本デザインプランナー協会、そして、羊毛フェルトアドバイザーを主催する日本生活環境支援協会より指定講座として認定されていますので、試験免除で資格が取れるのです。確実に資格を取得したいと思われている方にもぴったりの講座です。

 

第2位:羊毛フェルトアドバイザー

第2位は、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する、「羊毛フェルトアドバイザー」です。

 

「羊毛フェルトアドバイザー」は、ニードルフェルトに必要な基礎知識が一定のレベルにあることや、各種ニードルフェルトのレシピや製作知識を習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格になります。試験の内容としては、羊毛フェルトの毛羽立ちについて、パーツをつける、石鹸水でのフェルトボールの作り方、必要な道具や便利な道具など、多岐に渡る内容となっています。

 

この資格を取得するのにオススメなのが、通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンです。女性専用の資格取得講座SARAスクールでは、ニードルフェルトの基本コース、プラチナコースが準備されており、羊毛フェルトの基本知識から道具の様々な使い方、様々なテクニックを学べるようになっています。羊毛フェルトアドバイザー資格だけでなく、ニードルフェルトデザイナー資格も取得することが可能なのです。

 

一番おすすめなのは「ニードルフェルト資格」

一番オススメなのは「ニードルフェルトデザイナー」の資格
ニードルフェルト製作について基本知識や技術
オススメなのが「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座

一番オススメなのは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「ニードルフェルトデザイナー」の資格です。

 

ニードルフェルトデザイナー資格とは、ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具などニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定されるオススメの資格となります。

 

この試験の内容は、石鹸水フェルトで作成するペンケース、ニードルフェルトで作成するトラ、トイプードル、ペンギン、パンダ、ハリネズミなど多岐に渡っています。

 

ニードルフェルトデザイナーの資格を取得した後は、自宅で教室を開いたり、カルチャー教室に所属して、講師として活動することができます。

 

また、ニードルフェルトの多様なレシピの知識を得ることになりますので、その知識を活用してオリジナルの作品を作り、ネットショップなどで販売することもできるようになるのです。ネットショップでも信用は大切ですから、買い手も資格を取得していると、購入の際に安心感を覚えることでしょう。

 

受験の申し込み方法は、インターネットから必要事項をフォームに入力して完了になります。後日自宅に受験票や問題用紙が届くので、その時に受験料10,000円(税込み)を代引きで支払うことになります。その後は、定められた試験期間内に受験を行って、解答用紙を協会に送付すると受験終了になり、合格判定を待つだけになるのです。

 

このようにすべての手続きを自宅で行うことができるので、支払いに出かけたり、受験会場に行く交通費もかかりません。合格基準は、70%以上の評価で合格できます。ニードルフェルトデザイナーの取得には実務経験は不要です。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」の学習カリキュラムは受講生一人一人が自分のペースで安心して学習することができるスタイルを採用しています。すぐにでも資格取得を目指したい人は最短2ヶ月で、日々空いた時間で少しずつゆっくり学習したい人は、通常6ヶ月でW資格取得が目指せる内容になっているので安心です。

 

さらに、「ニードフェルトデザインマスターW資格取得スペシャル講座」ならば、この講座を卒業すると、試験を受けなくても「ニードフェルトデザインマスター」と「羊毛フェルトアドバイザー」の2つの資格を取得できるのでおススメです。

 

羊毛資格講座はこちら

 

まとめ

人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えますが、人気のハンドメイド品の一つに、ニードルフェルト・羊毛フェルトがあります。

 

羊毛フェルトとは、綿状のふわふわした羊毛を用いて、様々な色の羊毛を組み合わせながら小物を作り上げてゆく手芸のことです。ニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作って行きます。

 

羊毛フェルトで可愛らしいマスコットやゆるキャラ等なんでも自分で作ることができます。ですから、自分の飼っているペットを作ったり、子どもが好きなアニメのキャラクターを作ったり、可愛い小物や、自分の好きな花を作ることもできます。羊毛フェルトは家族や友人にプレゼントすると、とても喜ばれます。

 

また、羊毛フェルトは100円ショップなどでもキットが販売されるようになり、手軽に誰でも始められるようになったために人気です。

 

そして、自分が作った羊毛フェルトを部屋に飾って自分の好きなインテリアを楽しむことができるのです。また別の理由として、羊毛フェルトをインターネットから販売して、お小遣い稼ぎができるので人気です。

 

そんなニードルフェルトを学ぶことができる通信講座がオススメです。ニードルフェルトを学んで技術がアップすれば、それだけ自分の作品が高く売れる可能性が高くなるからです。

 

ニードルフェルトに必要な道具やフェルトボールの作り方、テキストを通して色々なテクニックを実践して、ニードルフェルトの製作についての基本知識や技術が学べて、自分のペースで学習ができる通信講座があります。

 

通信講座を受講して「ニードルフェルトデザイナー」の資格を取得すれば、カルチャー教室や自宅の教室で講師になったり、ネットショップを開設したりする道が開けます。

 

また、講座を卒業すると試験を受けなくても「ニードフェルトデザインマスター」と「羊毛フェルトアドバイザー」の2つの資格を取得できる通信講座があるのでおススメです。

更新履歴